ホルモン幸楽

ご注文・お問い合わせは 0120-87-3736
受付時間 9:00~16:30

幸楽ホルモン

ホルモンの保存方法

幸楽ホルモンは通常「冷蔵品」です。
出荷日が製造日になりますので、冷蔵で製造より3日が賞味期限となりますので、商品到着後はお早めにお召し上がりください。(要冷蔵)

お届け後、すぐに冷凍保存される場合の賞味期限は1ヶ月です。
お召し上がり前の解凍方法は、必ず冷蔵庫で行ってください。
常温解凍、電子レンジでの解凍は品質劣化につながります。
尚、解凍後の再冷凍はおすすめできません。
味が落ち、更に細菌が増殖するきっかけになります。

幸楽ホルモンの美味しい食べ方

初めて幸楽ホルモンを食べるという方は、どのように食べるのか戸惑ってしまうかもしれませんが、味がしっかりとついているので、特にむずかしいことは何もありません。
まずは「ホルモン幸楽花輪本店」ではどのようにしているか写真付きでご紹介します。

ジンギスカン鍋

ホルモンの味を引き立たせるのは、なんといってもジンギスカン鍋ですが、ご家庭にあるフライパンや鍋、ホットプレートでも美味しく召し上がることができます。

ジンギスカン鍋を火にかけ、予熱します。
温まったら鍋の大きさに応じた量のホルモンを流し入れます。

人気の味の浸みたお豆腐

お豆腐は硬めの木綿豆腐、お好みで入れない方もおりますが、味が浸みて最高に美味しい焼き豆腐になるのでおススメです。

ホルモンを入れたらジンギスカン鍋の縁にお豆腐を並べていきます。
縦に1本、横に5本包丁でカットすると、12切れのお豆腐がきれいにお鍋の縁に1丁分並びます。(大鍋使用の場合)

味を引き出すキャベツ

ホルモンに蓋をするようにたっぷりのキャベツやネギ、ニラ等お好みの具材を入れ、キャベツがしんなりしてきたら少し混ぜ、焼きながらお召し上がりください。
キャベツはホルモンの味を一段と引き立たせます。

注意していただきたいこと

ホルモンは焼けば焼くほど汁が減り、味が濃くなりますし、焦げ付きやすいので早めに火を止めてお召し上がるか、少々、水やお酒を入れてお召し上がりください。
ジンギスカン鍋でお召し上がりの際は、キャベツやホルモンから煮汁がでて、鍋からあふれてきますのでスプーンでスープをすくい取りながら、お召し上がりください。
このスープは、栄養満点のスタミナスープですので、ご飯に掛けてホルモン丼としても最高です。


これが正解という食べ方はありませんので、お好みで色々な調理方法を試してみるのも良いかもしれませんね。
スタッフブログでアレンジレシピもご紹介しておりますので、是非参考にしてみてください!

手順の参考例

ホルモンの食べ方手順1ホルモンの食べ方手順2ホルモンの食べ方手順3