1.曽利滝

玉川温泉行きのバスに乗車し、曽利滝停留所で下車。橋のたもとから右手下流を歩いて約15分の所に位置し、紅葉の時は特に素晴らしい。
落差25m 幅5m
2.浦志内の滝

皮投岳と五ノ宮岳の間に深く刻まれた沢川。流れ落ちる滝は白布を引いたように美しい。
落差20m 幅2m
3.雲上の滝

滝の流れが四季を通して変わり、天候のように晴れたり雲ったり滝の音色が様々と様相を変え、心を和ませてくれる。
落差30m 幅20m
4.茶釜の滝

人を寄せつけない自然の厳しさを感じ、神秘的で引き込まれるような温かさを持った、夜明島渓谷を代表する名瀑である。
落差100m 幅15m

5.夫婦滝

夫婦滝の名にふさわしく、清流で滝が二つに分かれ、女性美と男性美の滝がいつまでも並行して流れる。落水壷で何かを語りかけているような滝である。
落差10m 幅10m
6.泊滝

ハネ滝と連流された滝で、人間も岩魚も最後に行き着くところから、泊滝と呼ばれたようである。
落差30m 幅5m



十和田八幡平観光物産協会
秋田県鹿角市花輪字新田町11-4 TEL: 0186-23-2019 / FAX: 0186-22-0222


Copyrightc Towada-Hachimantai Tourist Association All rights reserved.