わんぱくはうす ― アットホームな保育を ―


ってこんなところです・・・

 明るくてやさしくてどんな時でも笑顔を絶やさない職員と、そんな先生達に囲まれて人格形成のできる大切な乳幼児期を元気にすくすくと育っている子ども達です。 給食は和食中心の家庭料理ですが、おやつの手作りケーキやパンは最高で、誕生会の朝はケーキ屋さんの匂いがプンプンします。パンナコッタやさくらアンパンはホント絶品です。 小さい保育園なので地域の人たちが色々めんどうをみてくれます。お茶のお稽古やお絵かき教室、百人一首教室等その道のプロの方からたくさんの刺激を頂き、子ども達は幸せです。もちろんその中で『礼儀と作法』・『和の心』を学んだり『現代アート』にふれることができます。 近くには公園や神社などがいっぱいあり自然を思いっきり感じることができます。お散歩をたくさん取り入れて丈夫な身体を作っています。 花輪の町中にある建物はとっても小さいですが、江戸時代からの『蔵』が3つあります。その1つは遊戯室になっていますが、夏は涼しく冬は暖かいので快適でエコです。土壁がとっても呼吸にやさしいです。