センター外観写真

金属鉱業研修技術センターでは、次の三機関が連携して金属鉱業に関する技術の研究開発、研修、交流事業を行っています。
(一財)秋田県資源技術開発機構
鉱業をベースとした環境・リサイクル技術の研究開発のほか、関連技術の研修・普及指導を行っています。
(一財)国際資源
開発研修センター
国際資源大学校

鉱物資源開発等に必要な国内外の人材を育成するための研修を行っています。
独立行政法人
石油天然ガス・
金属鉱物資源機構
金属鉱業分野における資源探査、環境保全等の技術開発を行っています。

Update Information
16/10/13  当機構では、環境省の「平成28年度地域循環拠点(エコタウン等)高度化モデル事業(廃太陽光発電パネルの広域収集網の連携に係るモデル事業)」として廃太陽光発電パネルに関する調査及び回収試験等を実施しています。
 詳しくはこちらから
14/11/06  11月10日より、秋田県金属鉱業研修技術センター使用許可申請書の様式を変更いたします。
 今までの1枚から複写式になり、来所時に記入して頂き、その場で使用許可書を発行いたします。
 今までの使用許可申請書は使えなくなりますので、ご注意ください。
14/04/01  消費税増税により、金属鉱業研修技術センターの設備・施設の使用料を以下のように改定いたします。
 設備・施設使用料(H26.4.1より pdf 159kB)
13/07/01  あきたエコタウンセンターでは、7月1日から見学者を対象とした体験型学習をスタートします。
 詳しくはこちらから
12/09/01  10月1日見学分からあきたエコタウンセンター運営協力金が改定になります。
 詳しくはこちらから
09/08/14  あきたエコタウンセンター案内人を募集しています。
 詳しくは、あきたエコタウンセンターのホームページをご覧ください。
 詳しくはこちらから


  このサイトは(一財)秋田県資源技術開発機構が管理しています