センター外観写真

金属鉱業研修技術センターでは、次の三機関が連携して金属鉱業に関する技術の研究開発、研修、交流事業を行っています。
(一財)秋田県資源技術開発機構
鉱業をベースとした環境・リサイクル技術の研究開発のほか、関連技術の研修・普及指導を行っています。
(一財)国際資源
開発研修センター
国際資源大学校

鉱物資源開発等に必要な国内外の人材を育成するための研修を行っています。
独立行政法人
石油天然ガス・
金属鉱物資源機構
金属鉱業分野における資源探査、環境保全等の技術開発を行っています。

更新情報
19/2/15
 当機構では企業の技術系職員を対象とした分析機器操作研修会を開催いたします。
 「微小部走査X線分析装置(EPMA)」を用いた研修で、以下のように初級編、中級編を開催します。
@第4回分析機器操作研修会(初級編)
 定性・定量・マッピングについて、エネルギー分散型X線分光器(EDS)を用いた初心者の方を対象とした研修会です。
 日時 平成31年3月14日(木)10時〜12時
 会場 秋田県金属鉱業研修技術センター 本館1階実験室2
 詳細 詳細・申し込み方法はこちら(pdfファイル)をご覧ください。
A第5回分析機器操作研修会(中級編)
 波長分散型X線分光器(WDS)を用いた定性分析の研修会です。
 (EPMA経験者または初級編受講者を対象とします。)
 日時 平成31年3月14日(木)13時〜15時30分
 会場 秋田県金属鉱業研修技術センター 本館1階実験室2
 詳細 詳細・申し込み方法はこちら(pdfファイル)をご覧ください。
19/1/15
 金属鉱業技術センターでは、X線回折装置(XRD)の更新を行い、使用料金を改定しましたのでお知らせします。
 改定前 リガク RINT2200    2,200円
 改訂後 リガク SmartLab SE  800円
09/08/14  あきたエコタウンセンター案内人を随時募集しています。
 詳しくは、あきたエコタウンセンターのホームページをご覧ください。
 詳しくはこちらから


  このサイトは(一財)秋田県資源技術開発機構が管理しています