秋田県金属鉱業研修技術センター トップページへもどる

金属微粉末の製造技術
− 化学還元法による金属微粉末の製造法 −

 (一財)秋田県資源技術開発機構が保有する金属微粉末の製造技術は、導電材料などへの応用が期待されています。     
☆ 金属微粉末の電子顕微鏡写真
特 徴

・ 金属粒の形状が球形である。

・ 粒径の制御(0.2〜5.0μm)が可能である。

・ 金属粒は結晶だけでなく、アモルファス
  合金にもなる。

・ 本技術は、様々な種類の金属粉末の
  作製に応用の可能性がある。



☆ 本技術に関する特許
  発明の名称 登録日 特許番号
1 球状NiP微小粒子の製造方法および異方性導電フィルム用導電粒子の製造方法 H22.2.5 特許第4451760号
2 球状ニッケル微小粒子の製造方法および異方性導電フィルム用導電粒子の製造方法 H24/3/9 特許第4942090号


☆ これまでの研究実績
   平成3〜7年度 平成8〜10年度 平成11〜12年度
研究体制 金属微粉末高機能化研究会
  産→鉱業関連企業
  学→大学、当財団
  官→秋田県
金属鉱業事業団との共同研究 独自研究
研究内容 <ビーカースケール試験>

金属微粉末の作製
 Ni(ニッケル)、Cu(銅)

アモルファス金属微粉末作製
 Ni-P(ニッケル−りん)
 Co-P(コバルト-りん)  
 Co-Ni-P(コバルト-ニッケル-りん)
<スケールアップ試験>

Ni-P、Co-P、Co-Ni-Pアモルファス金属微粉末の工業的製造法開発のため、ビーカースケール装置の60倍規模のスケールアップ試験を実施
<工業化試験>

Ni-Pアモルファス金属微粉末の収率向上

Ni-Pアモルファス金属微粉末の製品化に向けた課題解消
実  績 金属微粉末製造方法の基礎技術を開発

スケールアップ試験でもビーカースケールと同等の成果が得られることを確認

国際粉体工業展出展(H10)

従来収率70%→ほぼ100%に向上

※ 平成13年度以降、企業との共同研究を実施。特許2件取得。