回復期リハビリテーション

 回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患または大腿骨頸部骨折等の患者様に対して、日常生活動作能力(ADL)の向上による寝たきり防止と、家庭復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。
 当院では平成15年に病棟を開設して、専従の医師やリハビリスタッフ、看護師や看護補助者などを配置して現在1棟45床で運営しており、平成22年5月からは休日を含めすべての日においてリハビリテーションを提供できる体制を整えております。


入院の対象となる状態および入院期間について

疾病名 入院までの機関 入院期間の上限
脳血管疾患、
脊髄損傷など
発症又は手術後2ヶ月以内 150日〜180日
大腿骨・骨盤・脊髄・股関節
膝関節の骨折又は手術
発症又は手術後2ヶ月以内 90日
大腿骨・骨盤脊椎・股関節
膝関節の神経・筋、靭帯損傷
発症後2ヶ月以内 60日
外科手術又は
肺炎などの治療安静
維持により生じた廃用症候群
発症後又は
手術後2ヶ月以内
90日
股関節又は
膝関節の置換術後の状態
損傷後1ヶ月以内 90日