税金



 外国人であっても、日本に滞在している場合には、法律に従って日本の税金を納めなければなりません。日本の税金は、国税と地方税に分けることができます。所得税や消費税は国税であり、住民税や自動車税、固定資産税などは地方税です。ここでは、所得税、住民税、消費税について簡単に説明します。詳細は、国税については税務署、地方税については県税事務所又は市役所に相談してください。

(1)所得税
 日本では、所得税について源泉徴収制度が広く採用されています。給与等の支払いが日本国内でなされている場合には、使用者によってその支払いの際に所得税が徴収されます。そして、源泉所得税額は使用者がその年の最後の支払時に行う年末調整によって過不足が清算されるので、確定申告書の提出は必要ありません。
 しかし、給与所得以外の所得を有する人や給与所得者であっても給与等の収入金額が年2,000万円を超える人、日本国外において給与等の支給を受けている人、給与所得や退職所得以外の所得が20万円を越える人などは、最寄りの税務署で確定申告をしなければなりません。2月16日から3月15日までの間に前年の全所得額を申告し、3月15日までに所得税を納めます。また、納税管理人の届出をしないで出国する場合には、出国の時までに申告しなければなりません。
 なお、外国人の場合には住所の有無、居住期間の長短、永住の意志の有無などで取り扱いが異なるので、詳しくは最寄りの税務署に相談してください。

 国税に関する相談窓口
Odate Tax Office
大館税務署
Kazunoshi,Kosaka,Odate,Kita Akita-gun
鹿角市、小坂町、大館市及び北秋田郡の町村
2-16 Akadate-cho Odate City TEL:0186-42-0671
〒017-0814 大館市赤館町2-16

 英語による相談を希望する方は、
 022-263-1111 仙台国税局資料調査第一課(内線3363)又は所得税課(内線3356)まで。

(2)住民税(県民税、市町村税)
 秋田県内に住所のある人や、県内に住所はないが事務所、事業所又は家屋敷がある人は、県民税と市町村税を納めなければなりません。住民税には均等割(県民税:1,000円、市町村税:2,000円又は2,500円)と所得割があり、給与所得者の場合は勤務先で6月から翌年5月までの毎月の給料から控除されます。その他の所得者の場合は、市町村から送付される納税通知書により、原則として、6月、8月、10月、1月の4回に分けて納めます。
 なお、住民税については所得税の資料等に基づいて自動的に課税されるため、確定申告の必要はありません。住民税の詳細については、最寄りの県税事務所又は市役所まで。

地方税に関する相談窓口
県税
Kazuno Pref Tax Office
鹿角県税事務所
1 Hanawa Rokugatta Kazuno City
〒018-5201鹿角市花輪字六月田1
TEL 0186-23-2328
市町村税
Kazuno Tax Division
鹿角市役所税務課
4-1 Arata Hanawa Kazuno City
〒018-5292 鹿角市花輪字荒田4-1
TEL 0186-30-0212

(3)消費税
 消費税は、消費者が物を買ったり、サービスを受けたりしたときに課せられる税金です。税率は支払価格の5%であり、価格に消費税が含まれている場合と価格以外に加算される場合があります。


Copyright (c)2003 Kazuno International Exchange Association. All Rights Reserved.
本サイトへのご意見・ご質問はまで