住居



(1)住居の賃貸契約
 @不動産会社を訪ねる
  住居は普通、不動産会社で探します。市内の不動産会社を訪ねて、希望する住居の条件を伝えると、業者の人が条件にあった物件を探し案内してくれます。
案内料は無料です。
  気に入った物件が見つかったら契約をしますが、賃貸契約はほとんどの場合に文書で交わされ、本人の印鑑が必要になります。
  契約内容については、契約をする前に信頼のできる人に見てもらうなどして、よく確認してください。
 A市内不動産会社
 (※日本語に自信がない場合、日本語の出来る方に電話してもらってください。)
秋田不動産 TEL:23-7529 花輪下花輪149-3
大湯温泉観光虚s動産部 TEL:37-2236 十和田大湯上ノ湯1-14
かづの不動産 TEL:23-4343 花輪下花輪17-3
サンケイ土地 TEL:23-6093 花輪寺ノ後9-1
大和地所 TEL:22-0001 花輪上花輪225
たくみ不動産 TEL:31-0055 花輪蒼前平73
日鹿不動産 TEL:23-6440 花輪下中島121
不動産情報センター TEL:35-2985 十和田毛馬内上陣場34-1-A

 B間取りの見方
  日本の住宅では、畳の数で部屋の広さを表し、「畳」という単位を使います。
  1畳は約180cm×90cmです。
  1DKとは、1つの部屋に台所兼食堂、2LDKは2つの部屋に居間兼食堂兼台所という意味です。
  その部屋の間取りで分からないことがあったら、不動産会社の人にたずねてください。
  ◆1ヶ月の平均的家賃
    1DK 35,000円〜
    2LDK 45,000円〜
  ※ただし、場所や築年数等により価格差があります。

 C契約に必要なもの
  ◆保証人
   1〜2名、日本人の保証人が必ず必要です。
  ◆敷金
   家賃支払いの担保として家主に預けておくお金で、普通家賃の約1〜3ヶ月分です。
   退去時には戻されるものですが、家屋の修理に必要なときはその修繕費に当てられ、その残額が戻ります。
  ◆仲介料
   不動産会社へ支払う手数料で、家賃の約1ヶ月分です。
  ◆礼金
   権利金とも呼ばれ、家主に対して支払うお金で、普通家賃の約1〜2ヶ月分です。
   退去時にには戻りません。

 ※このように、新たに住居を借りるときには、家賃の約4〜5倍程度の経費がかかることが多いようです。契約書をよく確認してください。

 D契約を更新するとき
  賃貸契約の期間は、普通1〜2年間です。契約更新期間・更新内容については、賃貸契約をする際に、家主または不動産会社に確認しておきましょう。

 E契約を解除するとき
  引っ越し、帰国などで契約を解約したいときは、契約内容に従って事前(1〜2ヶ月前)に家主、又は不動産会社へ通知しなければなりません。
  通知せずに退去したり、退去の直前に申し出たりすると、敷金が戻らないことがあります。

 ◆引っ越しチェックリスト
  a.できるだけ早く家主さんに引越しの連絡をする。(敷金礼金について話し合う。)
  b.引越し業者に引越しの依頼をする。(業者はタウンページに載っています。)
  c.東北電力、市役所の水道課に引越しの日時と引越し先を連絡する。
  d.NTTに電話移設の手続きを依頼する。
  e.市役所に転出届を出す。
   転出後14日以内に転入地の役場に、転出届のコピー、外国人登録証明書、国民健康保険証、印鑑、印鑑証明を持っていきそこで転入の手続きを行う。
   また、新たに印鑑登録を行い国民健康保険証を写す。
  f.金融機関と取引をしている場合は、住所の変更をしたり口座の解約をする。
  g.郵便局に住所移転の手続きをする。(1年間郵便物が転送される)
  h.新聞やテレビ契約(NHK)の解約手続きをする。

(2)近所との交際
 @新しい家に入居したとき
  新しい家に入居したときは、まず隣近所の人に挨拶をしましょう。
  そして、できれば自治会に加入し、ごみの収集日や自治会の行事などについて教えてもらいましょう。
  また、地域の病院や警察・消防署などの所在地を確認することも忘れないようにしましょう。
 A自治会に入会しましょう。
  新しい住所に引っ越しをしたときは、自治会に入会することをおすすめします。
  自治会とは、地域の身近な問題、願いを共同で解決することや、会員の相互の親睦を図ることなど、様々な活動に取り組んでいる団体です。

B入会方法
  入会は任意ですが、ゴミの収集日や断水、自治会の行事など生活に密着した情報を入手するために、入会することをおすすめします。
  隣近所の人に自治会の会長さんの連絡先を教えてもらい、直接入会の申込をしてください。

C転居するとき
  今まで住んでいた住居をきれいに掃除しましょう。
  また、近所の人やお世話になって方などへの挨拶を忘れないようにしましょう。


Copyright (c)2003 Kazuno International Exchange Association. All Rights Reserved.
本サイトへのご意見・ご質問はまで