入院することになったら



 入院の指示が出ると、通常、入院相談窓口や入院を管理する看護婦などのところに行って、入院の期日を決めたり、入院に必要なもの(着替えや洗面道具など)の説明を受けたりします。
 病院内の規則を渡してくれる場合もあります。
 入院の費用の支払いは、月に1回か2回行うことが多いようです。
 退院のときにまとめてということもあります。

●入院期間
 一般的に、外国に比べて入院期間が長いことや、退院の判断は症状に合わせて医師の判断で行うことが多いことは覚えておきましょう。
●病室
 病室は6人部屋が一般的です。医療上の理由をの除き、1人部屋や2人部屋を任意に希望した場合には特別の料金が必要な場合があります。
 3人部屋や4人部屋でも特別な料金が必要な場合があります。
 その費用は病院によって異なります。このような部屋を希望する場合にはできれば入院する前から相談しておきましょう。
●面会
 診療の都合や他の患者の安静に影響を与えたりしますので、特別に緊急の場合を除いて、病院が決めた面会時間を守るようにしましょう。
 面会時間は病院によって異なりますので、事前に問い合せてからの方が良いでしょう。
●食事
 入院患者は症状に合った特別食が出される場合を除いて、同じ食事が出されます。
 しかし、 宗教上の理由からの禁忌や食物アレルギーがある場合などは配慮してくれる場合もありますので、早めに病院と相談しましょう。


Copyright (c)2003 Kazuno International Exchange Association. All Rights Reserved.
本サイトへのご意見・ご質問はまで