病院について



日本の医療機関は規模別に個人が開業している個人病院と総合病院に分けることができます。

●個人病院
個人病院は規模や設備などから大手術は無理な場合もありますが、日ごろから家族の健康状態についての相談に気軽に乗ってもらうことができます。
多くの個人病院は、土曜の午後と日曜日を除く毎日の日中診察します。
この他、平日一日または半日休む場合もあります。
朝は8時または9時から始まります。早ければ15時頃、遅ければ19時頃に終了します。

●総合病院
総合病院は診療科目が多く、設備や人員も整っていますが、一日にたくさんの患者を扱うため、待ち時間が長く、時間に余裕を持った相談などはしにくいのが現状です。
多くの病院は、月曜日から土曜日まで診察します。
外来患者の診療は9時前後から12時ごろまでの午前中だけする病院も少なくありません。
このような病院は、午後特殊な外来や入院患者の診察をしています。

以上は一般論ですので、すべての個人病院や総合病院に当てはまるものではありません。
医療機関にはそれぞれ専門や特徴がありますから、ふだんからどんな医療機関が自宅の近くにあるか調べておきましょう。


Copyright (c)2003 Kazuno International Exchange Association. All Rights Reserved.
本サイトへのご意見・ご質問はまで