緊急電話



もし火災になったら 119

 まず、「火事だ」と家族や近所の人に知らせることが大切です。
 落ち着いてすばやく行動しましょう。
 ●大声で「火事だ」と日本語で叫び、近所に知らせます。
 ●初期消火します。
 ただし、家の中の火災のとき、消火器などで初期消火できる目安は天井に火が移る前までです。
 天井に火が移ってしまったら、安全な場所に避難してください。
消火器の使い方
 @安全栓を引きぬく
 Aホースをはずし火元に向ける
 Bレバーを強くにぎる
 C燃えている火元にかける

 消防署へ電話で通報し消防車を呼びます。
 消防署への専用電話番号は「119」です。
 消防署の職員が火事か救急か聞きますので「火事です。」と答え、住所、名前、目印となる建物と電話番号を伝えます。
 伝える事柄 「火事です」
 ●住所
 ●名前
 ●目印になる建物
 ●電話番号

急病・けが 119
 急病人や事故によるけがなどで救急車を呼ぶときは、消防署に電話します。
 消防署への専用電話番号は「119」です。救急車は無料です。
 電話をすると、消防署の職員が火事か救急か聞きますので、「救急です。」と答え急病人かけが人のいるところの住所(事故現場)、名前、使用している電話の番号、病気やけがの状態を伝えてください。
 また、あらかじめ自分の名前、生年月日、国籍、血液型、職業、保険の種類などを聞かれたら答えられるようにしておきましょう。
 伝える事柄
 「救急です。」
 ●「急病(事故)です」
 ●急病人、けが人のいるところの住所(事故現場)
 ●名前
 ●使用している電話番号
 ●病気やケガの状態
 (生年月日・国籍・血液型・職業・保険の種類は必要に応じて伝える。)

 休日の救急患者の初期救急としては病院や一般診療所が当番で診療を行なっています。 

警察 110
 交通事故や盗難・傷害等の事故にあったときは、警察に届け出て下さい。
 警察の専用電話は「110」です。
 直接「110」をダイヤルして自分の名前、住所、電話番号と、いつ、どこで、何があったかを伝えます。
 公衆電話からの通報
 A.緑色、黄色及び100円硬貨が使える赤色の電話
 @受話器を上げる。
 A赤いボタンを押し、ダイヤルする。(110)
 B.10円硬貨専用の赤色電話またはピンク色の電話
 @店の人に頼んで切り替えてもらう。
 A硬貨を入れて「110」をダイヤルする。


自然災害の知識と対応

地震
(1)ぐらっ!ときたら・・・・
 揺れを感じたら、火災予防のためにストーブ.ガスなどの火を消し、机などの丈夫な家具のしたに身を隠して落下物から頭を守ります。
 どんなに大きな地震でも大きな揺れは一分以内です。火が出たら初期消火です。
 あわてて外に飛び出さないよう落ち着きましょう。
 徒歩で避難しエレベータは使用しないでください。
 倒壊する危険があるので、崖、川べり、ブロック塀、自動販売機等には近づかないようにしましょう。
 海岸近くの人は津波に注意し、高台に避難します。

(2)地震に備えておくこと
 ●家具を固定しておく。
 ●大地震のときに家族と落ち合う場所を決めておく。
  地域指定の避難場所を確認しておく。
 ●非常用の荷物を常備しておく。
 (非常用食料・飲料水・懐中電灯・携帯ラジオ・電池・ローソク・マッチ・雨具・現金など)

台風
 日本の台風シーズンは7月から10月までで、9月にもっとも多く上陸します。
 秋田県を直撃することは稀ですが、風雨が強まって河川が増水するなどし、交通機関や農作物などに被害を及ぼします。
 台風が発生した場合、テレビやラジオでかならず詳しい報道がありますので注意するようにしてください。
 台風の接近によって、停電したり、外へ出ることができなくなったりしますので、食料や飲料水、懐中電灯、携帯ラジオ等の非常用荷物を用意し風で飛びそうな鉢植えを室内へ入れるなどして備えましょう。

豪雪
 秋田県は、冬になると日本海からの冷たい風が吹き込むため、気温が低く曇りか雪の日が続きます。
 近年は、大きな災害という豪雪はなくなりましたが、12月から3月までの冬期間、積雪があり山地付近では1メートル以上に達します。
 そのため、交通機関に遅れが生じやすいうえ、道が狭く凍って滑りやすいため、交通事故が多くなりますので、通行には十分注意してください。
 冬に備えて防寒具の用意もしてください。
 地域によっては毎朝自分の住居の前を除雪しなければなりません。
 除雪車通過時刻や流雪構の利用時刻が決められていますので、注意してください。


Copyright (c)2003 Kazuno International Exchange Association. All Rights Reserved.
本サイトへのご意見・ご質問はこちらまで