国重要無形民俗文化財

8月21日〜23日

「毛馬内の盆踊」は、情緒豊かで優雅な盆踊りとして、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

 8月21日から23日まで、町内路上に篝火を焚き、その周りに細長い輪となり、踊りが行われる。

 呼び太鼓(高屋、大拍子、七拍子の3曲)の後、大の坂踊り、甚句踊りの順で踊る。大の坂踊りには笛と大太鼓の囃子が付く。

 大の坂は、明暦3年(1657)に桜庭光秀が毛馬内に移封した頃、すでに継承されていたとする説、また、京都の念仏踊りの流れを汲むという説もあるが定かではない。昭和初期までは唄が付随していたが唄い手が途絶えた。

 この地方の大太鼓は、南部藩時代に戦いの武器であった「軍馬」の生産に力を注ぎ、南部馬の産地として知られ、他藩への馬の売買が非常に厳しく、特殊な管理体制があったので、この地方特有の馬皮製の大太鼓で、音に張りのある大太鼓が作られたのである。

 永禄8年(1565)から11年(1568)にかけて秋田近季が鹿角に攻め入り、南部信直が三戸から出陣、近季勢を領外に駆逐した。その折り、毛馬内で遊興踊りを催し、将卒の労をねぎらったのが甚句踊りの起源とされているが定かでない。唄詞には霊を慰めるもの、豊作を祝うもの、郷土の風物を紹介するものなどが多い。

 踊り手の衣装は一般に男は紋付き等に水色の蹴出し、女は襦袢に鴇色の蹴出しが標準だが、近年になって江戸褄、訪問着、小紋を用いるようになった。

 

 

*このページは、十和田八幡平観光物産協会サイト内のページです。フレームを用いて作成されておりますが、フレームが表示されていない方はこちらをクリックしてください。