大日堂舞楽  ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

大日堂舞楽は小豆沢に鎮座する大日霊貴(おおひるめむち)神社が正月2日に行う祭典に奉納されるものです。 1200年の伝統を守り続けるこの舞楽に参加する能人は大里、谷内、小豆沢、長嶺の四地区の氏子35人です。
能衆は、当日に備えて約1カ月斎戒沐浴(さいかいもくよく)して身を清めます。元旦の丑の刻から耕作祝いが各地区で行われ、2日の夜明けに行列を組み、凍りつく雪道を高張提灯、太鼓、笛、弊束、ササラ、鼓を持って大日堂に集まります。

最初に、堂前で神子(みこ)舞、神名手(かなて)舞、権現舞を披露。この後堂内に入り、二間四方の舞台で権現舞、駒舞、鳥遍(うへん)舞、鳥舞、五大尊舞などの本舞が古式ゆかしく奉納されます。

*このページは、十和田八幡平観光物産協会サイト内のページです。フレームを用いて作成されておりますが、フレームが表示されていない方はこちらをクリックしてください。