鹿角地域の伝説

【鉱山発見伝説】

 第1話 光る怪鳥

 鹿角市尾去沢(おさりざわ)の奥に大森山という大きな山があり、樹木がたくさん生え

ている。

 昔、文明13年(1481年)、この山から光る物体が現われ、村の上を飛び回り、村人を恐

怖におののかせていた。村人が日中にその飛び回る光る物体をよく見ると、それは大きな

鳥であり、その鳥は羽根を広げると左右の長さが20メートルほどもあった。その鳥は、人

までも襲って食べてしまうほどの勢いがあり、口からは金色の火を吹き出し、まるで牛が

吠えているような大きな鳴き声を山々に響かせていた。この化け物のような鳥は、特に晩

になると飛び回って田畑を荒らしていた。

 村の人は恐ろしくて生きた心地がしなく、村で山伏をしている慈顕院(じけんいん)の

神主といっしょに、この恐ろしい鳥を退治してくれるよう、毎晩、天に向かって一心に拝

んでいた。

 あるとき、大森山の方から、あの化け物のような鳥の泣き苦しむような叫び声が聞こえ、

翌日からは、あの鳥は飛んでこなくなった。

 村人は、不思議に思い、鳥の鳴き声の聞こえてきた方へと行ってみることにした。途中、

赤沢川の水の色が、血を流したように真っ赤な色になっていることに気づいた。村人は、

その赤い水が流れくる場所を探しに上流へと進んだ。しばらく進むと、沢水が流れこんで

滝になっている黒滝の場所で、全身が赤く染まりうつ伏せになって死んでいるあの鳥を発

見した。村人は皆で、この鳥を引っ張り起こして恐る恐る観察すると、広げた羽根の長さ

は24メートルもあり、大きな蛇のような頭と、牛の足にそっくりな足をつけていた。鳥の

毛は赤い色と白い色が混ざり、ところどころに金の毛と銀の毛が生えていた。そして、そ

の鳥には、背中と首の部分に数箇所の大きな傷がついていた。

 村人は、さらに、鳥の食べたものを観察するため腹を裂いてみると、胃袋の中には金、

銀、銅、鉛の鉱石がいっぱい詰まっており、鳥が普通に食べる穀物や魚、虫、草木などは

全く入っていなかった。

 村の村長は、不思議に思い、しばらくこのことについて考えると、あることを思い出し

た。「実は私は最近、夢の中で白髪の老人に新しい山を掘れと6回も告げられた。しかし、

掘れと告げられた山がどこであるか全く見当がつかなかったが、今わかった。この鳥の胃

袋から鉱石が出てきたということは、これこそ、この山を掘れという神様のお告げに違い

ない。」と言った。

 村人は、村長の言葉を信じ、この山のところどころを掘ってみることにした。すると、

4色に輝く金・銀・銅・鉛の鉱石が大量に出てきた。こうしてこの場所で鉱山採掘が始ま

り、この鉱石が出る山一帯は、大森山からの分かれで峰つながりの子山なので、沢も含め

て尾去沢と呼ぶようになった。

 村人は、なぜこの鳥が大きな傷を付けて死んでいたのか不思議に思った。「誰が鳥を退

治してくれたのだろうか。」と思い、周辺の山や谷を歩き回ってみると、大森山のふもと

の土の上に獅子の頭の形をした大きな石が発見された。そして、その頭の口の部分に血が

いっぱいついていた。村人は、「鳥を退治してくれたのは、きっとこの獅子頭の神様石で

あろう。ここの土の上に獅子の頭が出ているということは、この大森山は獅子の体で、こ

の山につながっている山々は、この獅子の手足であろう。」と言った。

 村人は、この石が発見された場所にお堂を建て、あの死んだ化け物のような鳥もここに

埋めるとともに、このお堂を村の守り神様として、毎年お祭りをすることにした。そして、

この神様を大森山獅子大権現(おおもりやまししだいこんげん)と言った。

 後に、化け物のような鳥を退治した獅子は、もともと勢至菩薩(せいしぼさつ:悪魔を

退治する強い神仏)の化身であり、村人を苦しめた鳥は阿修羅(あしゅら:人を苦しめる

悪魔神)の化身であったため、獅子と鳥は激しく戦ったのだと言われている。そして、こ

の戦いは、獅子と鳥に化身した神様が、この山に金・銀・銅・鉛があることを教えるため

の戦いであったと伝えられている。

 現在、毎年9月15日の尾去沢の八幡神社のお祭りがおこなわれ、この伝説による神楽で

ある大森山獅子大権現舞が奉納されている。

 

 

第2話 遣い姫物語

 昔、尾去沢の近くに不思議な女が現れ、近くの山や谷を観察しながらぶらぶら歩き回っ

ていた。彼女は、とても美しくもの静かで上品な感じのする女であったが、村の人達は皆、

なんとなく近づきがたく、ただ遠くから彼女を見ているだけであった。

 ある日、この女は、尾去沢の佐藤清助という若者の家を訪れ、自分をここに泊めてくれ

るよう頼んだ。若者は、この女の存在を以前から村人から聞いて知っていたが、もし泊め

て何か大変なことにでもなったら困ると思い、泊めることは断っていた。しかしながら、

その女は10日たっても、20日たっても、他の家へは頼みに行かず、清助のところに来るの

であった。

 ある日、その女が清助に、「ここの山の下や向こうの山の下を掘ってみてください。こ

の世の中でも珍しい金というものが出てきます。あなたは、その出てきた金を国主に差し

出し、そのかわり国の役人にしてもらうとよい。」と言って帰った。女はその後、毎日清

助のところに来ては、そのことを言って帰っていったが、ただの百姓である清助は、その

ことがどういうことなのか理解できず、それほど気にも止めなかった。その金のことより

も、毎日毎晩、そのことを話すきれいな女のことを考えているうちに、この女と一晩一緒

に過ごしてみたいと汚い心が浮かんできた。そして、ある日の夕方、その女を家に連れて

行こうと思い、女が山の方から下りてくるところを途中に隠れていて、後ろから抱きつい

た。そうすると、その女は、「実は私は、金華山から来た神様の使い者です。お前は、そ

の汚れた心を直しなさい。そして、わたしの言葉に従って山を掘りなさい。」と言うと、

清助の目の前から消えてしまった。清助は、その女の言葉で我に返ると、自分の汚れた心

に気づき、消えてしまった女のことを慕いひざをついて拝んだ。

 そして、これまで何度も言われていた場所へ行き、その下を掘ってみた。すると、そこ

からは金・銀・銅・鉛の鉱物がいっぱい出てきた。こうして尾去沢鉱山が発見され、清助

は、これらの鉱物のお陰で、その後とてもりっぱな人物になった。

 尾去沢鉱山の始まりは、仙台の金華山の神様からのお使いのお姫様のお告げで見つけら

れてから始まったという伝説である。

 

 

第3話 長坂金山発見物語

 昔、天平20年(西暦748年)にあった話と伝えられている。

 尾去沢に佐藤清吉という人が住んでいた。ある夜、清吉は夢の中で、付き添いの者たち

に梵天を持たせて大森山を歩いて来た唐獅子の格好をした人に、「この向こうの沢に宝が

あるので、掘ってみなさい。」と言われた。清吉は不思議な夢を見たと思い、次の日、さ

っそく夢で教えられた場所へ行ってその下を掘ってみた。すると、石の中に金色に光る物

を発見した。驚いた清吉は、それを家に持ち帰り火の中で焼いてみた。すると、金色に輝

くみごとなかたまりが出てきた。清吉は、このかたまりが何なのか不思議に思い、村人に

尋ねたが、これを知る人は誰もいなかった。

 それから何日か経ったある日のこと、この世のことは何でも知っているという、腹の下

まで長い髭を伸ばした白髪の老人が訪ねて来た。清吉は、あの金色の品物を出してこれが

何であるのかを聞いてみた。老人は、その光る物をじっと見た後、笑いながら、「これは

金というもので、これまで日本の国には無かったものだ。これは、七宝(七種の宝物)の

中でも最も高価なものであり、この世の中で最高の宝物である。この金も我が国の中から

出るようになったか。ああ、いよいよ金の時代が来た。まさに金の時代が来たんだ。」と

言った。清吉は、このことを聞くと非常に喜び、この金を何回も拝んだ。そして、清吉が

老人に名前を尋ねると、「わたしは、ここの『金山の彦』という者だ。」と言い残し、急

に金色の光を体から放ちながら、水晶山の方へ飛んで行ってしまった。

 清吉は、その後毎日、金を掘り当てた場所へ行き、金色の大きな石を掘りだし、火で溶

かしては金を取り出した。そして、それを国主に差し出すと、国主は天皇に献上した。天

皇は、「奥州の黄金は大変きれいで評判が高く、日本一の良い金である。」と言い、国主

と清吉にたくさんのほうびを取らせたとのことである。

 こうして長坂金山が発見されたと伝えられている。

 

 

第4話 梵天舗の由来(舗・・・・鉱石を掘る坑道)

 和銅元年(西暦708年)。この年は、武蔵の国(関東地方)から出た銅で、我が国で初め

て銭がつくられた年である。

 そのころは、我が国で銅が見つからず、遠い中国から銅を買い入れていた。そのため天

皇は、全国の国主に全国のすみずみまで銅を探すように地方の役人へ命令した。

 そして、ここ奥州でも、国主たちが険しい山をいくつも越えながら銅を探し歩いていた。

ある時、方々で銅を探し歩いてきた国主の一行が、尾去沢の大森山の麓へやって来たとき

のことである。一行は、歩き疲れていたため一休みし、山を眺めていた。その山は石や岩

が多く、険しく、また大きな木々もたくさん生えており、なんとなく霊験(神様の力)を

感じる山であった。

 一行が休んでいると、急に風が止み、あたりが“しーん”と静かになった。そして、は

るか向こうの空の中に何か影が写った。一行は、びっくりし息を止めながらそれを見てい

ると、その影は、けもののような形になり、そして、大きな獅子の格好になった。それは

まさに獅子大権現の姿であり、獅子の後ろには、梵天を持った大勢の共が連れ添っている

姿も見えた。それを見た一行の者は、これから何か大変なことが起こるのではないかと恐

怖に震えていた。

 空から地上を見下ろす獅子は、急に梵天を供人から取り上げて、天を見上げ、何かと戦

うような激しく怒り狂った様子を示した。

 人々は、ただぼうぜんと空を見上げているばかりであった。

 お日様の光が急に揺れ動いた瞬間、獅子は梵天を地上めがけて投げ付けた。その瞬間、

光が輝き、国主の一行は、目が眩んで倒れ、気を失ってしまった。国主は、気を失ってい

る間、「探し回っている銅は、ここ大森山にある。」と神様から告げられた夢を見て、は

っと目をさました。

 国主は、銅のあるところは、あの梵天が投げ付けられたところに違いないと思い、皆で

木の枝を払ったり、岩山を登り探し回った。そして、梵天が突き刺さっている場所を見つ

け、そこを掘ってみた。すると、そこからは探し求めていた銅が出てきた。国主は、とて

も喜び、さっそく銅を掘って天皇に献上した。天皇は、それはそれはたいへんな喜びよう

で、お礼として国主へたくさんのほうびをくれたとのことである。

 梵天が投げ付けられて突き刺さった場所は、今の赤沢道の所であり、ここの銅を掘った

赤沢のことを梵天舗(ぼんてんしき)と名前をつけたと言われている。

 

 

第5話 金の長いも

 徳川家康が江戸に幕府を開いた頃の話である。みちのくの津軽と南部の境を定めるため

に十左衛門(じゅうさえもん)という南部の代官が鹿角にやってきた。十左衛門は、錦木

から尾去沢の山々を調べ、まずこの辺を境にしようと決め、しばらくこの場所に住むこと

にした。

 村人は、代官様がこのような田舎にわざわざ来てくれたとのことで、ご苦労のお見舞い

にと、代官の家を代わる代わる訪ねた。そして、十左衛門の屋敷は村人の訪問でにぎやか

になった。

 十左衛門は、親切にも、訪ねてきた村人の話し相手になり、百姓の仕事の難儀さや作物

のできぐあいなどの話に耳をかしてやったので、村人も喜び、十左衛門のことを、「こん

ど来た代官様は、いい人だ、南部一のいい男だ。」とうわさしあっていた。

 さて、ある日のこと。百姓の女が二人の息子を連れて十左衛門の屋敷を訪ねて来た。十

左衛門は、あいにくその日が忙しかったため、話を聞いてやることができず、別の日にま

た来るようにと話して帰した。女は帰るときに、土産にと持ってきたワラの包みを十左衛

門に置いていった。その晩、十左衛門がその包みを開けて見ると、中から四尺ほどの長さ

の長芋が出てきた。「おお、これは見事なものじゃ。」と手にとってよく見ると、その芋

はキラキラと金色に光っていた。十左衛門は驚き、今日の用件を聞いてやるということこ

の芋を持って来た女へさっそく使いを出した。そして、家来は、その夜のうちにその百姓

の女を連れてきた。

 「今日訪ねてきた時のお前の用件とはどんな事じゃ。」十左衛門は親切に尋ねた。女に

よると、十数年前に夫が死んでから、欲張りの伯父に夫が残した土地を全部取り上げられ

てしまい、どうやって自分たちは生きていったらよいのかと困っているとのことであった。

 「お前には子供はいるのか。」と十左衛門が聞くと、「太郎子、次郎子という二人の子

供がおります。」と言い、百姓の女は暗がりの外を指さした。見ると、そまつな格好をし

た若者と、その弟と思われる少年が、地べたに座って心配そうに成り行きを見守っていた。

正直そうな二人の若者の顔を見て、「よろしい、よく調べてできるだけの事をしてやる。

まず今夜は安心して帰りなさい。」と十左衛門は申し渡してその親子を帰した。次の日か

らさっそく、村の長老を集めて意見を聞き、女の伯父も呼んで事実関係を調べると、すべ

て百姓の女の言ったとおりであった。

 そこで、十左衛門は、伯父が女から取り上げた土地を女に返すように話を進め、この事

件を円満に解決してやった。百姓の女は、とても喜び、村に帰って皆にこのことを話した。

 それからは、「お代官様は、長芋がお好きらしい。」「長芋を土産に持っていくと、悩

み事を解決してもらえる。」という噂がたち、十左衛門のところには、長芋を掘って差し

出す者が次々と現れ、屋敷の台所も長芋の山でうずまるほどであった。

 さて、十左衛門がその芋を一つ一つ調べて見ると、どれにもみんな少しずつの金の砂が

付いていた。「百姓は砂金というもののありがたさを知らないのか。」と十左衛門は家来

をつれて百姓の女を訪ねた。そして芋畑の場所を教えてもらいよく調べると、やはり辺り

一帯はすばらしい砂金の畑であった。

 十左衛門はすぐに境界を決めて、ここへ番所を置いた。そして、太郎子や次郎子とも力

を合わせ、ここの畑の土を水に入れて、かきまぜ、流し、残った砂を乾かすなどして、た

くさんの砂金を採取した。

 これが、白根金山発見の始まりと伝えられている。



戻る 十和田八幡平観光物産協会