十和田国立公園のご紹介

十和田湖国立公園
藍色の湖面をたたえる十和田湖は、二重式のカルデラ湖です。最大深度が334mであり、その神秘的な美しさは訪れる多くの人々を感動させます。

湖のシンボル、乙女の像を望みながらの湖上遊覧では、陸地からの眺めではわからない怖いほどに透きとおる湖を目のあたりにできます。

外輪山はブナ、カエデ、ナラなどにおおわれ、紅葉の素晴しさはもちろんのこと、5月の紅山桜、6月の新緑の風光は、秋に勝とも劣らない景観を繰り広げてくれます。

発荷峠、紫明亭、甲岳台等の展望台からは、それぞれ異なった十和田湖を 眺めることができ、西湖畔の鉛山〜滝ノ沢と続く湖畔遊歩道も整備され いろいろな角度から十和田湖の表情を楽しむことができます。



十和田湖展望台の位置


十和田湖発荷峠ライブカメラ画像
 (現在の初荷峠の様子をライブでご覧になれます)

紫明亭展望台からの眺め
十和田湖紫明亭展望台からの景色
*十和田湖を取り囲むように整備された5つの展望台からは、それぞれ違ったいでたちの湖を見ることが出来ます。


十和田湖から流出する、東北随一の渓流美を誇る奥入瀬渓流は、四季折々、変化に富んだ 美しさをみせてくれます。
奥入瀬渓流 奥入瀬渓流の様子 奥入瀬渓流の流れ


十和田湖乙女の像
←高村光太郎 作 「乙女の像」
十和田湖訪問の際の必須撮影スポットです。
そのブロンズ像は四季折々の十和田湖の表情を見ています。

「樹恩の鐘」→
毎日8時〜18時まで1時間毎に約30秒のメロディー、正午は約3分の全曲を奏でます。
十和田湖樹恩の鐘


十和田湖冬物語 十和田湖冬物語の画像

●主な十和田湖のイベント●

十和田湖冬物語
毎年2月上旬〜下旬
十和田湖湖水まつり
毎年7月第3週
十和田湖国境まつり
毎年9月第1週



交通のご案内

● 小坂ICから

30分

● 十和田ICから

45分

● 八幡平頂上から

2時間

● 盛岡市から

2時間

●お問い合わせ

十和田八幡平観光物産協会

TEL 0186-23-2019

FAX 0186-23-7715

鹿角市役所観光交流課

TEL 0186-30-0248

FAX 0186-30-1515

小坂町役場産業部観光商工班

TEL 0186-29-3908

FAX 0186-29-3728




前のページに戻る *このページは、十和田八幡平観光物産協会サイト内のページです。フレームを用いて作成されておりますが、フレームが表示されていない方はこちらをクリックしてください。