発祥の地「鹿角」の「きりたんぽ」

十和田八幡平の物産販売「北の宅送便」リンク
3月30日現在 発祥の地「鹿角」の「きりたんぽ」です。
炊き上がった、ご飯をボールに入れて潰します。(半殺し!!と言います。)
潰した、ご飯をおにぎり状にして串にさして棒状に伸ばします。
棒状に伸ばした「たんぽ」を焦げ目が少し付く程度に焼きます。
1本を甘味噌(クルミ味噌)を塗って再度焼きます。
鍋は地鶏スープ等を使用し、ご覧の食材を鶏→ゴボウから煮込みます。
焼きたての「たんぽ」は柔らかいので煮込まず、ちぎってお椀に入れ、具を入れます。
美味しい、「きりたんぽ」と「味噌つけたんぽ」の出来上がりです。





十和田八幡平観光物産協会