トップページへ  一覧へ
今、語り継がれるべき 尾去沢鉱山の歴史〜下新田〜
 
 山かげから見た尾去沢鉱山の歴史
 

南部藩の藩境に位置する三ツ矢沢下新田。ここは日本一の銅山を守る重要な集落であった。そんな「やまかげ」も今は限界集落として姿を留める。今年は昨年お見せ出来なかった「もう一つの通学路」をかつての少年達が歴史と共にご案内します。

スケジュール
  9:00 史跡尾去沢鉱山 集合
     坑道見学
     三ツ矢沢へ移動
     藩境 下新田・下タ沢 散策
     「おこもり」体験
 11:30 尾去沢鉱山 解散

注意事項・準備など
 水分、懐中電灯、雨具、動きやすい服装

語る部
 岩城 淳一さん
  今じゃなければ聞けない歴史がある。ゆっくりと散策しながら、
  ノスタルジックな三ツ矢沢を感じてみませんか?

 会    場 尾去沢三ツ矢沢地区
 集 合 場 所 史跡尾去沢鉱山
 開 催 日 時 2013/11/3(日) 9:00〜15:30
 参 加 料 金 4,000円(材料費込み)
 参 加 者  8名(定員:9名)
 備   考