花輪ねぷた
インフォメーション

○花輪ねぷたの由来・概要
 花輪ねぷたは、毎年8月7日・8日に行われる藩政時代末期頃から花輪に伝わる七夕行事である。
 行事の特色は、将棋の駒型をした10台の高さ5メートル余りある王将灯篭と、鼓面直径が2メートルある10台の大太鼓にあります。
 王将灯篭の特徴は正面に『王将』の文字の大書、右側面に『七夕祭』の文字、左側面に『天の川』の文字、背面には勇壮な『武者絵』を描くのが伝統的なスタイルである。
 花輪ねぷたの大太鼓は、牛皮の樽太鼓で、片方に2名づつ両面で4名が野球のバットほどある大撥を両手に持って打ち鳴らすものであり、一里四方に響きわたると言われている。伝承曲は『七夕』と『大の坂』がある。
 行事の最終日には、米代川に架かる稲村橋に整列し、いっせいに王将大灯篭に火を放ち、燃やして流す勇壮かつ幻想的なねむり流しは、今日では類例がなく、この民俗行事の重要な特徴であり、最大の見せ場となっている。

保存団体:
代表者:
花輪ばやし祭典委員会
柳澤儀一郎
所在地: 〒018−5201
秋田県鹿角市花輪字下花輪128番地1
TEL 0186−30−0500


「闇に揺れる武者絵の幻想」と「街に響き渡る大太鼓の音」

花輪ねぷたは、8月7日・8日に行われる「七夕祭り」で、大手(オテ)と呼ばれる将棋の王将型をした高さ4m余りの灯籠と台車に乗せられた直径2m余りの大太鼓を打ち鳴らしながら、町内を練り歩く祭りです。大手正面には「王将」の文字が、左側面には「天の川」、右側面に「七夕祭り」と記されている。背面には「武者絵」が描かれている。この地方、独特の絵灯篭です。
花輪ねぷたの起源は定かでありませんが、藩政時代末期頃から行われているといわれ、「眠り流し行事」からの転化とか、「虫送り行事」からとか言われておりますが、当地方の方言で、眠いことを「ねぷて」と言うように、語源から「眠り流し」説が有力と考えられています。

「眠り流し」:7月6日の夜、麻がらを己の年の数だけ折り、草のかつらにからげ、枕の下にして眠り、翌朝川へ流す行事。(意味不明)※ 江戸時代の秋田では、七夕祭りを眠り流しと読んでいたとの説がある。

「虫送り」:田植えの後、太鼓を打ち鳴らし、稲に付く害虫を川に流したり焼いたりする(追い払う)行事

参考:このホームページは、小田切 康人氏の「花輪ねぷた探訪」を参考にさせていただきました。

花輪ばやし 由来・概要 見どころ・日程 屋台自慢 お囃子自慢
子供はやしコンクール結果      
花輪ねぷた 由来・概要 見どころ・日程 王将自慢 ねぷた関連コンクール結果
花輪ばやし
祭典委員会
協賛企業のご紹介 交通のご案内 会場案内図  
花輪祭典何でも辞書!? 町踊り日程    

HOME